金利

固定金利・変動金利など金利タイプの違い

私たちが住宅ローンなどのお金を借りる際、まず選択しなければいけないのが金利タイプですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

変動と固定金利のどちらの金利を選ぶかで支払い総額が変わってきますので、十分に考えてから自分にあった金利を選ぶことになります。

 

変動金利のタイプ

 

まずひとつが「変動タイプ」です。こちらは日銀の決定する政策金利を元に各金融機関が設定する短期プライムレートに基づいて設定されたその時々のレートで融資を受けるものです。

 

契約すると多くの金融機関は半年ごとに金利の見直しがされ、その時々のレートに合わせて変化しますが、短期プライムレートが変更なければ同じ数値が設定されることもあります。

 

昨今は低水準な状態が続いているので、利息支払い分が少なくて済むということで人気が高まっていますが、もしも急激に金利上昇の波が押し寄せた場合には未払い利息が発生するリスクもあります。
未払い利息とは、元利均等方式で支払いをする場合、変動タイプで契約していると5年間は月々の返済金額は固定されます。

 

しかし、利息返済分が多くなればその分返済する元金は少なくなり、場合によっては返済額のすべてが利息分となり、さらに支払いきれない利息が発生した場合、その分はローン終了後や一年ごとに返済する必要が出て来ます。

 

また、その期間中は元金が一切返済されていないので、実質的にローン返済が進まないこととなります。

 

変動の場合は将来的に返済額がいくらになるのかという見通しは誰にも分らないため、返済計画があやふやというデメリットがある一方で、固定に比べるとレートは低く設定されるので、当初の返済額が少ないというメリットもあります。

 

固定金利のタイプ

 

一方の「固定タイプ」ですが、こちらは名前どおり、金利が固定された状態で融資を受けることです。融資期間中ずっとレートが変わらないものもありますが、5年、10年など一部期間のみというものもあります。

 

こちらはレートが変わらないのでその間の返済計画通りに返済をすることができるので、安心して将来設計を立てることができるというメリットがあります。

 

しかし、レート設定は変動に比べると高くなりますので、当初の返済金額は多くなり、昨今のようなレートがとても低い社会情勢になっていてもその旨みを享受することはできません。

 

当初の支払い総額が少ないけど将来的に返済額が増えるリスクのある変動か、安心性は高く将来設計をしやすいけど、将来的にレートが低い情勢が来ても恩恵を受けられない固定か、どちらが自分にとってメリット、デメリットが大きいか判断して選択す必要があるのです。