金利

最低金利と最高金利、どちらを重視すべき?

各金融機関の取り扱っているクレジットカードやキャッシングなどでは、利用者の金利というのは最低と最高で大きな幅が設定されているのが特徴となっています。

 

金融機関によっては最低金利が3%台のところから、最高金利は18%のところが存在してます。このように金融機関の金利においては、最低金利と最高金利のどちらを重視すべきかは、個人の収入状況や信用力によって変わってくる面があります。

 

最低金利で利用できる

 

個人でも医師や大企業の役員などでは、安定して高収入が見込めることからクレジットカードなどの金利は低く抑えられる可能性が高くなります。しかし、安定して高収入が見込めるだけの条件では、金融機関における最低金利の条件で借り入れをすることができないことが起こってきます。

 

医師や企業の役員などであっても、始めて金融機関を利用する場合には信用力が足りないため、最低の金利とはならないことが多いです。しかし、過去に金融機関を利用して長期で返済実績のある場合には、金融機関に対する信用力が高くなっている可能性があります。

 

そのため、安定した高収入が期待でき、かつ金融機関の信用力が高い人はクレジットカードなどは最低金利で借り入れができる場合が出てきます。したがって、そのような人では金融機関の最適金利を重視する必要があります。

 

金融機関の最低金利としては、3%台のところから4%台のところまで存在します。そのため、金融機関選びとしては、金利が3%台のところを利用した方が有利となります。逆にパートやアルバイトなどの収入が不安定な人となると、金融機関からの借り入れでは最高金利となる場合が多く出てきます。

 

非正規雇用者は最高金利を重視するべき

 

パートやアルバイトといった非正規雇用者では、最高金利を重視する必要が出てきます。キャッシングなどの金利としては、最高金利が14%台のところから、18%のところまで存在しています。

 

非正規雇用者の金利は金融機関によって、やや大きめの差が出る状況が起こっています。パートやアルバイトなどの人では、できるだけ金利の低い金融機関を選ぶことが大事となります。しかし、パートやアルバイトの人では、金利の低い金融機関では融資の審査が通らない場合が出てきます。

 

金利が高い金融機関を選ばざるを得ないことも起こってきます。なお、一般的なサラリーマンでは最高と最低の金利が設定されることは少なくため、どちらかを重視する必要性は少なくなっていると言えます。